4月の声を聴くとすぐ、協同組合では恒例の新入社員研修を開催している。

 平成8年から継続してきた研修会で、コロナ禍の中で一度だけ開催を中止し
 たが、今年度で27回目となるこの事業で
 
 毎年、講義のなかで気づかされることがある。
 
 今年の気づきは「すみません」の使い方。

 「すみません」は謝罪の言葉である。

 この言葉を関西人はさまざまな場面でこの言葉を使い分ける癖があるそうで、
 むやみに「すみません」を使って不利にならないよう、頭の中からリセット
 しようと講師からの説明に・・・
  
 そういえば、自身に振り返っても「すみません」は日常生活の中で思い当た
 る節はある。

 たとえば
 頂き物を受け取ったとき
 訪問した時
 飲食施設で
 数えたらきりがないくらい使っていて、すみませんが言えなくなったら不便
 を感じるくらいで(笑)

 
 では、何に変えるのか

 頂き物には、 「ありがとうございます」
 訪問した時は 「ごめんください」とか「こんにちは」
 飲食施設では 「お願いします」
 
 がお勧めだとか。

 はてさて

 言われていることは分かるけれどね、リセットはどうなんだろう。
 今の人たちには
 
 声のトーンやイントネーションで関西人は言葉を使い分けているからなぁ。
 
 関西弁は奥が深いのよ・・・と研修会場の後部席でつぶやいてしまった。

 すみません(-_-;) 
 
大阪木材工場団地協同組合に戻る